〈今年(2022年)のホタルの飛翔状況調査〉


〈大谷川〉

  • 2022年5月29日21:30ごろ、下流域の川沿い5~6mの高さを飛んでいるゲンジボタル10匹ほどを確認。もう少し早い時間帯(20時頃)であれば、もっと多く飛んでいたかも知れない。
  • 2022年5月31日20:00~20:30 、ゲンジボタルとヘイケボタルが20数匹が飛んでいるのを確認。
  • Nさんよりホタル情報届く。                               「6月10日の夜、家族で大谷川(手前の方だけですが)へ見に行きました。前回よりもとても沢山のホタルが飛んでおり、とても素晴らしい光景でした。50匹以上はいたように思います」とのことでした。
  • 2022年6月17日19:30~21:00ごろまで調査しました。下流から中流辺りまでは前回(5月31日)と同じほど飛んでいました。上流の水田地帯では20時30分ごろから沢山光を放つようになりました。          もうゲンジは峠を越しているようでしたが、30~40匹(ゲンジとヘイケ)居たでしょうか。

〈中村川〉

  • 2022年5月31日 21:10ごろ、川岸の草むらに3匹のホタルが1か所に集まって光を放っている。ゲンジボタルのメスと思われる。気温18℃。飛翔するには少し早いかな? 
  • 2022年6月3日 20:50~21:20、成虫になって間がないと思われる若々しいゲンジボタル10数匹が青みを帯びた光を発しながら、川の上を飛んだり、草むらに翅を休めたり。活発な動きを見せてくれる。
  • 2022年6月7日19:50~20:30、飛翔数 ゲンジボタルのオス 10匹、天候  うすぐもり、雲間から月明かり、微風、気温20:00=21℃・20:30=16℃。                         ゲンジボタルは時間に正確。8時になると向こう岸の奥深い草むらに一斉に灯りがともる、4匹5匹と。草の中から抜け出て、川の上へと移る。灯りを求めて集まり、5匹6匹が群れをなして飛び、2つのグループができる。秒速1m程度で高く低く、行ったり戻ったり。                  しかし今夜の飛翔数はそれ以上増えることはなかった。急に気温が下がり16℃ に。ブルッと身震いする。 
  • 2022年6月16日(木)21時30分ごろ、上流域でゲンジボタル20匹ほどの飛翔を確認。

〈別院川〉

  • 2022年6月8日(水)19時45分ごろから21時頃まで、ホタル会員2名のほか、Nさんのご家族4名とで飛翔調査に出かけました。                             気温は低めで、あまり風はなく、三日月の出ている夜でした。                  車を止めたところから上流へ向かい、最初の林付近にホタルが乱舞しており驚きと同時に感激でした。その数およそ20数匹と推定。このぶんだとその先も……と期待して上流地点まで行きましたが、残念ながら道中を含めて10匹くらいで例年より少なめの印象でした。                  今年はホタル観賞会も開けませんでしたが、せめて「ほたる」のHPを通じて、市民の皆さんに生駒のホタル情報をお伝えしたいと思っています。
  • 2022年6月13日(月)19時45分ごろから1時間半ほどかけて「北新町ホタルの会」のメンバーとで調査を行ないました。                                      曇り空で月は出ておらず、無風のホタル日和でした。                        前回6月8日に比べて少し減少したものの、やはりたくさんの飛翔が見られました。


〈神田川〉

  • 2022年6月8日(水)21時30分ごろ、別院川の飛翔調査の後、神田川へ足を延ばしましたが、2匹しか確認できませんでした。


〈キトラ川〉

  • 2022年5月31日 21:00ごろ、7~8匹のホタルが草むらに止まっているのを確認。ヘイケボタルか。まだ時期が少し早いのか、例年より少ない。 

〈高山竹林園〉

  • 2022年5月31日 20ごろから20時30分ごろ、気温18℃。人工水路の上1mほどのところを淡い光を放ちながら1匹のヘイケボタルがすーっと飛んで姿を消した。時期尚早か。
  • 2022年6月3日 20時ごろから20:30ごろ、気温24℃。ヘイケボタル2匹。人工水路の草むらと歩道脇の竹の葉っぱに1匹ずつ止まっている。
  • 2022年6月13日(月)21時ごろ、ホタル池周辺での飛翔ゼロ。今年も華やかな飛翔もなく、シーズンが終わったようです。